[バルーンアート]かんたん「クリスマスリース」の作り方!

クリスマスパーティの飾りつけなどに便利なバルーンアートの「クリスマスリース」の作り方を紹介します。
慣れるとあっという間にできて、とても見栄えのする作品です。
作ったあとも3日ぐらい、きれいな状態で飾ることができます。

かんたんクリスマスリースの作り方

使用するバルーン

使用するバルーン

[リース]260Q × 3本

緑を1本使用します。あとは好みの色を2本使用します。
色々な色でアレンジできます。

[リボン]260Q × 3本

赤を1本、しばる用の紐部分で1本使用します。
しばる用の紐部分は、裏側に隠れてしまうので何色でも構わないと思います。

バルーンを準備する

トラディショナルアソートであれば、緑はエメラルドグリーン、赤はルビーレッドが入っています。
また、白や黄色、ピンクなど基本的な色も入っているので、これを1パック買えば作ることができます。

単色買いは、小分けパックがおススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クオラテックス Qualatex QL260Q Q-PAK ジュエルカラー 単色 50枚入 風船 バルーン
価格:501円(税込、送料別) (2020/12/5時点)

楽天で購入

 

 

リースの作り方

バルーンを先端までふくらませたら、少し空気を抜いて柔らかめにしてからしばります。
それを3本用意します。

各バルーンを口巻きから4センチ程のボールを作って束ねます。

合わせてひねって、固定します。

三つ編み状に編んでいきます。

先端の方まで編みます。

先端で4㎝ほどのボールを作ります。

ひねり合わせて固定します。

固定するとこんな感じです。

全体象はこんな感じです。

両端を合わせます。

そして、両端のボールをひねり合わせ、固定します。

固定するとこんな感じです。

ひねり合わせたボールたちを片側に寄せます。
寄せた側が、リースの後ろ側になります。

正面はこんな感じです。

円形になるよう形を整えます。
これでリースは完成です。

リボンの作り方

リボンの作り方は「リボンのブレスレット」の作り方を参照ください。

リースとリボンを組み合わせる

「リース」と「リボン」ができたら、それを組み合わせます。

リボンの紐の部分をリースのボールがある辺りに巻き付けます

紐をしばって固定します。

リボンが正面に来るよう整えれば、「クリスマスリース」の完成です。

最後に

クリスマスを彩る「クリスマスリース」の作り方を紹介させていただきました。
作り方では、赤、白、緑とクリスマスの王道の色で作り方を紹介いたしましたが、緑2色+黄色、緑+白+黄色など、色々な組み合わせが楽しめます。
完成後、3日くらいであればキレイな飾りとしても楽しむことができます。
クリスマスパーティーの飾りつけなどの際に、作ってみてはいかがでしょうか。

リースにサンタ等、飾りを組み合わせることで、豪華なリースを作ることができます。

是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

[バルーンアート]「サンタマリオ」の作り方!

単色買いは、小分けパックがおススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クオラテックス Qualatex QL260Q Q-PAK ジュエルカラー 単色 50枚入 風船 バルーン
価格:501円(税込、送料別) (2020/12/5時点)

楽天で購入

 

ふうせん定規

バルーンアートを作るときに、○○センチなんて言われても、全然実感がわかないと思います。

当サイトでバルーンアートを作る際の目安になる「ふうせん定規」公開しています。
サイズを合わせて、形のよいバルーンアートを作ることは、バルーンアートを作る上でとても大切です。
よろしければ、ぜひダウンロードしてお使いください。

ふうせん定規

Follow me!