ニンテンドースイッチ ライトで快適にワイヤレスイヤホンを使おう!おすすめの周辺機器を紹介!

ニンテンドースイッチ ライトで有線イヤホンを使っていて、コードがうざいと思ったことはありませんか。
スイッチライトでワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン)が使えるようになるための方法と必要な周辺機器を紹介します。

スイッチライトでワイヤレスイヤホンを使う

スイッチライトでワイヤレスイヤホンを使うために必要なもの

スイッチ、スイッチライトには、ゲーム音楽をBluetoothに飛ばす機能がついていません

そのため、ワイヤレスイヤホンを使うためには、トランスミッターというワイヤレスイヤホンに電波を飛ばす周辺機器が必要になります。
スイッチライトのターコイズを使っているなら色合い的に、以下の製品のブルーがおススメです。

スイッチライトで、ターコイズ以外の色を使っているなら、以下の製品のホワイトを使ってみるのはいかがでしょうか。

もちろん、スイッチライトだけでなく普通のニンテンドースイッチでも使うことができます。
普通のニンテンドースイッチなら、以下の製品の黒を使ってみるのはいかがでしょうか。

設定の方法

設定の方法は、スイッチライトのUSBにトランスミッターを差し込みます。

機器を接続すると、スイッチライト側でスイッチが機器を認識してくれます。
※電池は入れる必要はありません。

あとは、ワイヤレスイヤホンのスイッチを入れれば、ワイヤレスイヤホンで音楽が聴けるようになります。

※初回接続時には、トランスミッターと接続したいイヤホン等のBluetoothデバイスとペアリングをする必要があります。
ペアリングは、トランスミッターの「A」ボタン長押しでペアリングモードにしてから、Bluetoothデバイス側をペアリングモードにすることでペアリングできます。

スイッチライトでワイヤレスイヤホンを使うメリット

コードがなくなる

コードがなくなるのが最大のメリットです。
シンプルなスイッチライトにケーブルがついていると見た目がスッキリしません。

また、混雑した電車から降りる時など、イヤホンケーブルを他の人に引っかけたりする場合がありますが、ワイヤレスイヤホンなら解消できます。

バックにしまう時に楽

有線イヤホンの場合はバックにしまう時にスイッチに巻き付けるか、取り外す必要があります。
ケーブルが絡み合ってしまうと、改めて使おうという時にすぐに使えない場合があります。

実際に以下の写真は、オススメのトランスミッターをつけたスイッチライトですが、トランスミッターを外すことなくケースにしまうことができます。

スイッチライトでワイヤレスイヤホンを使うデメリット

周辺機器を接続しなければならない

ニンテンドースイッチ、スイッチライトには、ゲーム音楽をBluetoothに飛ばす機能がついていません。
そのため、トランスミッターという周辺機器を接続し、Bluetoothのワイヤレスイヤホンに音を飛ばしてやる必要があります。

トランスミッターには、「USBに接続するタイプ」のものと、「イヤホンジャックに接続するタイプ」の2種類があります。

USBに接続するタイプ

USB接続タイプのものは、トランスミッターを使っているときに充電ができなくなります。

USB接続タイプのものでも、充電器を接続できるタイプの製品はあります。

イヤホンジャックに接続するタイプ

イヤホンジャックに接続するタイプのものは、少し大きく嵩張るかもしれません。

音の遅れが発生する

有線イヤホンと違い、ワイヤレスイヤホンは音の遅れが発生します。
音の遅れは、音声のデータを圧縮転送する方法で異なり、それぞれの音の遅れは以下のようになります。

SBC:0.2秒以上
AAC:0.8秒以上
aptX:0.08秒
aptX HD:0.13秒
aptX LL:0.04秒以下

人は、0.1秒以下の音の遅れは、分からなくなります。
0.1秒以下の音の遅れに該当するのは「aptx」「aptX LL」対応製品だけです。

ゲームで音が遅れることは、とてもストレスになります。
周辺機器を買うにしても圧縮転送する方式(コーデック)を意識しなければいけません。

コーデックは、「イヤホン」と「トランスミッター」の両方が対応している必要があります。
両方とも「aptx LL」に対応する製品を選ぶと良いでしょう。

実際の使い心地は?

自分はワイヤレスイヤホンは、エレコムの「LBT-RH1000BK」というイヤホンを使っています。

この機種は、「aptx LL」のコーデックに対応した機種です。

ペアリングした時も、トランスミッター側で「aptx LL」で接続していると認識してくれています。

音の遅れがあるなら、音ゲーなんか無理だろうなと思いますが、aptx接続のおかげか音の遅延を意識することなく、
自分は普通の使い心地と変わらなくプレイすることができました。
コードがなく快適です。

最後に

スイッチライト+ワイヤレスイヤホンは超快適です。
トランスミッターと「aptx LL」対応のワイヤレスイヤホンやヘッドホンを揃えて、有線イヤホンから解放された新しいゲームライフを過ごしてみては、いかがでしょうか。

【アマゾンで買うなら】

Amazonチャージにコンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、金額に応じて、
通常会員は最大2%のポイントが貰えます。
プライム会員なら最大2.5%ポイントが貰えます。(意外とデカい)
せっかくなら、Amazonチャージでお得にコントローラーを購入してみてはいかがでしょうか。

Follow me!