260Qアソートパックを開封する![with balloons]

バルーンアート用ふうせんも様々な種類がありますが、初めて手にする方は、Quaratex balloonマジックバルーン260Qトラディショナルアソート[100本入り]をおススメしています。

Quaratex balloonマジックバルーン260Qには以下の10色が入っています。

①ピンク
②ペイルブルー(水色)
③ホワイト(白)
④オニキスブラック(黒)
⑤ルビーレッド(透明な赤)
⑥サファイアブルー(透明な青)
⑦シトリンイエロー(透明な黄色)
⑧マンダリンオレンジ(透明なオレンジ)
⑨エメラルドグリーン(透明な緑)
⑩クウォーツパープル(透明な紫)

 

どの色も、とても綺麗で、ふくらませた時に透明な色がたくさん有るのが好きです。④オニキスブラック、⑥サファイアブルー、⑨エメラルドグリーン、⑩クウォーツパープルの4つの色が膨らます前は、どれも一見黒にしか見えないのが難点ですが。口巻きの部分を引っ張れば、何色かわかります。慣れると⑥サファイアブルー、⑨エメラルドグリーンは引っ張らなくてもわかりますが、⑩クウォーツパープルだけは、いつまで経っても黒なのか紫なのか検討がつきません。

上記の色はきっちり10本づつ入っているわけではなく、袋によってバラつきがあります。

アソートパックを開封して数を数えてみる

実際にアソートパックを開封して、実際の数の偏りと色についてお伝えしていきます。

アソートパックは色別ではなく、すべて一緒に入っています。
これを一本一本、色別に分けていきます。

わかり易い色別のバルーンを分けてみる

判りやすい色のバルーンを色別に分けてみます。
見るからに本数が違うのがわかります。

左から数の多い順にならべています。

それぞれの本数は、
ホワイト(白):20本
シトリンイエロー(透明な黄色):10本
マンダリンオレンジ(透明なオレンジ):9本
ルビーレッド(透明な赤):9本
ピンク:6本
ペイルブルー(水色):5本

わかりにくい色別のバルーンを分けてみる

判りにくい色のバルーンを色別に分けてみます。
左から数の多い順にならべています。
見た目同じ色に見えますが、全部違う色です。
さて、それぞれ何色かわかりますか?

膨らませてみます。
膨らませてみて、初めて色の違いがわかります。
どうでしょう、考えてみた結果と同じだったでしょうか?

左から数の多い順にならべています。

エメラルドグリーン(透明な緑):16本
クウォーツパープル(透明な紫):14本
サファイアブルー(透明な青):9本
オニキスブラック(黒):4本

という結果でした。

緑は少し黒の中にも緑がかかっており、青は少し黒の中にも青みがかかっているので、実際はもう少しわかり易いです。
しかし、黒と紫の色の判別は本当に難しいです。

総トータルについて

ホワイト(白):20本
シトリンイエロー(透明な黄色):10本
マンダリンオレンジ(透明なオレンジ):9本
ルビーレッド(透明な赤):9本
ピンク:6本
ペイルブルー(水色):5本
エメラルドグリーン(透明な緑):16本
クウォーツパープル(透明な紫):14本
サファイアブルー(透明な青):9本
オニキスブラック(黒):4本

という結果でした。
実に白が5分の1を占めるという物凄い偏り方です。

ちなみに今回の合計本数は100本ではなく、102本という結果でした。
どういう基準で袋詰めしているかわかりませんが、バラつきがあるということはわかります。

しかし、これはあくまでほんの一例です。
実際にアソートパックを購入してみて、何が入っているかを楽しむ面白さもあると思います。

 

 

Follow me!