with balloons(with バルーンズ)
日常生活でバルーンアートを取り入れた暮らしの提案をする新しいサイト。作り方の動画を紹介しています。すべての動画に解説字幕入りです。

with balloonsでは、バルーンアートにちょっとした工夫を加えることで日常に更なる喜びを加える、当たり前を当たり前だと思わない、常識を常識だと思わない精神で発想を行っております。

基本のバルーンアートにちょっとした工夫をすることで、いままで誰も考えないような斬新なアイディアで開発をされたソリューションをご提供することを目標としております。

皆様からは、最初戸惑ったものの今までにない体感でもう手放すことが出来ないといったお声を最も多くいただいております。

これに甘えること無く、常に常識を疑ってお客様の求めるものを追求する姿勢でアイテムの開発に取り組んでいきます。

コンセプトは「○○×バルーンアート」

世の中にある、ありとあらゆるモノと「ふうせん」を掛け合わせ、日常生活に取り入れていこうという発想です。
with balloons では、バルーンアートを身に着けられるようにする、何かに装着できるようにする、道具として持ち歩けるなど日常に溶け込ませることを心がけております。この行動を「with balloons化」と勝手に呼びます。




いろいろなモノをwith balloons化していくぞ!

「プードル」を「with balloons化」だ!!

バルーンアートを作った人なら誰でも見たことがある「プードル」。
この代表的なバルーンアートと「かんたんな剣」を組み合わせて、
with balloons化すると…
× 


「お散歩プードル」

どこにでも連れて行きたくなる「お散歩プードル」の完成です。ペットの飼えないご家庭の子供も「今日のところはこれで勘弁してやるか」と大満足です。

「普通のクマ」のwith balloons化だ!!

「普通のクマ」
↓(「with balloons化」ちょっとひと手間加える)
「ペットボトル with balloons クマ」

ひと手間加えるだけで、ただの人形だったクマがどこにでも連れていきたくなるような相棒に変わります。子供会などの催し物で子供達に配るペットボトルに「だっこクマ」を付けることで子供達が「自分のペットボトルがわからないよ~」という嘆く声が減ったと感謝の言葉を頂きました(笑)

「with balloonsマスコット」
だっこクマだと、装着できる幅に制約が出てくる。二本の手で抱っこ(結ぶ)すれば、相当なものに取り付けられるぞ!ということで、
このクマさんはwith balloons のコンセプトにぴったりな存在です!

350Qと260Qで作った、豆の手クマさん
「ウィズくん」と「バルンちゃん」です。

こんな形でどこにでも連れていけるようになり、躍動感あふれる活動にチャレンジさせられます。

 

 

「花」のwith balloons化

・花

・花のブレスレッドなど。

こんなシーンで大活躍!
  • 「お疲れ様」、「ありがとう」のメッセージに添えて。
    メッセージ with balloons!
  • プレゼントの横に、バルーンアートを添えて。
    プレゼント with balloons!
  • 子供と一緒にバルーンアートで遊ぼう!
    子供 with balloons!
  • 町内会の夏祭りでバルーンアートをやろう!
    町内会 with balloons!
    夏祭り with balloons!
  • 幼稚園の最後の謝恩会の最高の思い出づくりのために!
    幼稚園の謝恩会 with balloons!

ゲームの記事ついて

最近のゲームは複雑だ!

Nitendo Switchをやっていて子供に「お父さん、お母さんがどうやってやるの!?」って聞かれても、とても困る

そんな時に、「あっ、Withballoonsに書いてあったような・・」というような解決方法やゲームのお役立ち情報を提供していきたいと思います。

ライトユーザ向けのモノが多くなると思いますが、コアユーザーも唸らせるような記事も書いていければと思います。

ゲームのお役立ち情報はこちら

※サイトの上のメニュー「ゲーム」から、ソフト別に見ることができます。

with balloonsが生まれた背景

with balloonsもバルーンアートやモデリングバルーンをやり始めた当時は、ただバルーンアートを作れば喜ばれるという時代だったと考えております。

しかし時代も変わり、そのようなモノ作りではお客様のニーズに応えることが出来なくなり私も挫折寸前まで追い込まれました。

その時、初心に戻ってお客様のニーズに徹底的に応えるモノ作りを理念において一からやり直そうという声のもと、常識を疑う姿勢を身につけて参りました。

当初、奇抜で斬新な見た目からなかなか受け入れてもらえないことも多々ありましたが、地道な努力を続けることで少しずつお客様にご理解をいただけるようになり、その結果、現在に至っております。

当初、奇抜だと言われておりましたものが今ではスタンダードとまでなっており、この事実は弊社が長年成功・失敗を経重ねて来た結果、本当にお客様にとって良いものを追求する姿勢で開発を進めて来れたことが大きな要因だと確信しております。
※背景はフィクションです(笑)

主なサイト内容

with balloonsでは、マスコットの「ウィズくん」と「バルンちゃん」と一緒にバルーンアートの楽しさや皆様の人生のスパイスになる新しい発想を提供できればと考えています。

  • バルーンアートの作り方
  • バルーンアートで使う道具
  • バルーンアートを使うシーンの提案・使い方 など
  • ゲーム(主にニンテンドースイッチ)の操作説明や新着情報、お役立ち情報など